賃貸住宅入居時にやっておきたいこと

賃貸住宅に入居する際は、引越しや様々な手続きなど、忙しくなりがちです。しかし、後のトラブル防止などのために、入居時にぜひやっておきたいことがあります。ここでは、それらを見ていきます。まず、入居者には退去時、原状回復義務という、入居した時の状態に物件を戻して返さなければならない義務があります。借主が故意や過失により物件に与えた損傷は、修繕しなければなりませんが、入居者によるものなのか以前からあったものなのかについて、トラブルとなる場合があります。これを防ぐためには、引越しの前に物件の写真を撮って記録しておき、後のための証拠として残しておくとよいでしょう。貸主立ち合いのもと、チェックリストを作って確認していく、といった方法もありますが、一般的ではないようです。

入居後は、バスやトイレ、キッチンなどの水回りや、エアコンなどの設備をできるだけ早く使ってみて、異常がないか確認します。修理の時間なども考えますと、生活が不便になりますので、早いうちに対処してもらうほうがいいからです。修理は基本的に貸主の負担ですので、連絡先に連絡します。無断の修理はトラブルのもとになりがちですから、避けた方が無難です。雨漏りやカビなども、見つけたらすぐ貸主に連絡します。放置して、被害が拡大した場合は、借主の責任で修繕しなければならなくなることもありますので、注意が必要です。他の住人とのトラブルは、貸主に相談して仲介してもらいます。直接の話し合いですと、トラブルが悪化する場合があります。